エイズ・ワーカーズ・福岡とは?

 「人権と共生を考える エイズ・ワーカーズ・福岡」はHIVに感染している人を支援し、社会的偏見、差別などをなくすことを目的として結成された民間のボランティア団体(NGO : non-governmental organization)です。

本会は'92年7月に「HIVと人権・情報センター」(1988年7月発足)の九州支部として発足しました。そして'95年4月、地域により根ざした活動をめざし本会は「HIVと人権・情報センター 」から独立し「人権と共生を考える エイズ・ワーカーズ・福岡」として再出発しました。

エイズ ワーカーとはエイズに関して何らかの「活動」や「仕事」をしている人々の総称です。ワーク(働く)という言葉は心のなかで考えるているだけではなく、どんな形でもよいから少しでも「人と動く」という意味です。そういったポジティブな意味をこめてエイズ・ワーカーズと名付けました。わたしたちは主に下記のような活動をしています。